2017年11月5日「拳心会 第56回 青少年大会」

2017年11月5日 拳心会 第56回 青少年大会

  • 鹿児島で11月5日に定例の『拳心会 第56回 青少年大会』が行われ、審判と選手で参加しました。今回も約500名の出場選手が集い、レベルの高い大会でした。秋の大会は青少年なので、一般・シニアは出場しませんでしたが、どの試合も白熱しており、大いに盛り上がりました。

  • 尾前大会会長あいさつ

  • 選手が多く、会場が一杯でした。

  • 組手試合

  • 士学館女子三羽烏です。
    お互いにいいライバル関係で、これからも士学館の男の子たちにはっぱをかけてほしいです。

  • 四元里桜音ちゃん(拳心会)が、ロシアの世界大会に出場している為、今回は志桜里ちゃん一人の出場でした。大会途中で連絡が入ったようで、世界大会で優勝したとの発表がありました。おめでとう!これからも姉妹で頑張ってください。

  • Aパート・Bパートで勝ち上がって来て、河野楓と池田千尋の同門対決でした。

  • 【小学3年男子組手】 藤中将翔くん
    いつもの努力の賜物です。これからも弟と競い合いながら、お互い頑張ってください。

  • 幼児の部

  • 少年の部

  • 今大会の目玉でした。まだはじめて半年も経ってなく初めての試合でしたが、恐れることなく前に出る組手をし、準決勝までいきました。これを自信にして、これからも頑張ろう。

  • 今大会が初めてで、まだ半年くらいですが、Bパートの決勝まで上がった坂元周哉くん。Bパート決勝は、同門で猛者の中原優芯くんで、ここで力尽きましたが、何試合も勝ち抜きパート決勝まで上がってきたことは立派です。これからも頑張ろう。

  • Bパートを制して、Aパートの代表者とし決勝を戦い勝利した中原優芯くん。稽古に取り組む姿勢が真面目です。自主トレにも積極的に参加をし、勉強も頑張っている彼にこれからもカッコイイ先輩として頑張って欲しいです。

  • この大会で私の心を打ち抜いた池田瑞樹ちゃん。士学館で勝負に対する気持ちNo.1の子です。小学一年生ですが、保育園のときから常に前向きで、負けず嫌いで、何回も優勝していますが、自分の試合が終わってもパンフレットを片手に各コートを走り回り、士学館の他の生徒の試合をチェックしてくれていました。誰に言われたわけでもなく、この行動がとれることに私も感動しました。このまま成長して、世界大会を目指してください。

  • 形試合

  • センスのある加藤凛太郎くん。自分の技にこれからも磨きを掛けてください。

  • 【女子三年生 形 決勝】

    ここでも士学館の同門の対決でした。組手でも決勝を争った「池田千尋」「河野楓」の両選手でした。お互いパートで勝ち上がってきたわけですので、実力は拮抗していました。これからもこの二人の決勝が見られるように頑張ってほしいです。

  • 表彰式

  • 【小学3年女子組手】

    河野楓さん、池田千尋さん
    お互いにくじけず、これからも頑張ってください。

  • 【小学1年女子組手】

    池田瑞樹さん
    瑞樹ちゃん、どこまで昇るのか楽しみです。

  • 【小学2年男子組手】

    野元一志くん、児玉偉鳳くん
    同じ檍道場、これからも競い合いながら成長してください。

  • 【小学4年男子組手】

    佐竹渉憲くん、坂元恵哉くん
    坂元恵哉くんも始めてまだ半年くらいで、初めての大きな試合でした。
    佐竹渉憲くんといいライバルになり、お互いに頑張って成長してほしいです。

  • 【小学5年男子組手】

    士学館の新しい三羽烏となって、後輩たちにいい影響を与えてほしい。
    この三人の共通点は、文武両道です。

  • 【小学2年生 形の部】

    野元一志くん
    今回は気合十分で組手も形も2位の入賞おめでとう。

  • 閉会式

  • 最後の講評をさせていただきました。この大会はドラマチックな試合がたくさんあり、選手たちが一回り大きくなったと思います。これからもたくさん色んな経験をして、悔しい思い・喜び・仲間との絆を深めて、自分の将来につなげてください。