2017年12月17日「第12回 西日本硬式空手道選手権大会」

2017年12月17日 第12回 西日本硬式空手道選手権大会

  • 12月17日に四国の高知県「くろしおアリーナ」にて「第12回 西日本硬式空手道選手権大会」が開催され、宮崎県硬式空手道連盟から甲斐義明 九硬連会長・宮硬連会長 桃井敏行・宮硬連審判委員長 湯浅茂、同じく審判員 松本良彦・審判員 西 直宏の5名で参加しました。

    フェリーを使っての往復16時間の移動でしたので、時間に追われる二日間でした。

  • 笹岡万稔 大会会長あいさつからはじまり、九州硬式空手道連盟 甲斐会長、高知市市長、高知市教育委員会教育長などの方々のあいさつと激励を頂きました。

    スタッフの方々も統一されたスタッフジャンパーを着てキビキビと動いておられ、「さすが結束の固い四国硬式空手道連盟だな」と感心しました。

    そしてキルギス共和国大使館の方々も見学に来られていて、あいさつをされましたが私の勉強不足で名前は知っていますが詳しいことは知りませんでしたので、帰って来てからさっそく調べました。

    会場も広くキレイで、デジタルの大型掲示板などがあり、大会の盛り上がりの演出に一役買っていました。

  • 今回は湯浅・松本・西の三名が審判のお手伝いをさせていただき、地域によっての微妙な違いや技に対しての対応などを勉強させていただきました。

    笹岡光国 大会審判部長と笹岡大会会長の厳しい目線がありましたので、緊張していたようです。

    しかし、いつも思いますが、笹岡先生の空手と向き合う厳しさ・優しさがいつもブレないところに私は感銘を受けます。

    ご子息の光国先生もお父さんとは違った表現をされて、情熱を感じます。

    今大会は私たちが今年の締めくくりに振り返る時間をいただき、勉強させていただいた大会だと思っています。

    鹿児島から体調の悪さを押して参加されました鹿児島県硬式空手道連盟の川越会長もお疲れさまでした。

  • 前夜祭

  • 前夜祭は高知の食と酒を十分に堪能させていただきました。高知県硬式空手道連盟の名物「笑みの会」の女性の方々も相変わらずパワフルでした。

    しかし、酒が強い!

    私たちはなすがまま、されるがままの状態でした。初めての人達とでもすぐに打ち解けられる、これも空手道の仲間としての魅力です。