2018年2月11日「九州硬式空手道連盟 2018年度総会」

2018年2月11日 九州硬式空手道連盟 2018年度総会

  • 2月11日、熊本県で「九州硬式空手道連盟 2018年度総会」が開催されました。

  • 前日は例年通り、新年会が行われました。

  • 今回は雪やインフルエンザの影響で、参加者が少なかったように思います。

  • また、熊本県の災害もまだまだ復興しているとは言えず、新年会は控えめでした。

  • それでも、年1~2回しか全員が揃う機会がないので、それぞれに盛り上がっていました。

  • 総会は11日に開催されましたが、昨年末(12月)に全日本硬式空手道連盟 会長の千葉 拳二郎先生が逝去されましたので、全員での黙とうではじまりました。

  • 九州空手道連盟の甲斐会長の挨拶で会議はスタートし、議事進行は熊本県硬式空手道連盟 会長の梅原先生に担っていただきましたので、テキパキとした進行で滞る事なく進みました。

  • 今回は議題が多岐にわたり議論も白熱しましたが、皆さん空手道が好きでやっておられる方々ですので、建設的な意見が多く出ました。

  • また今期を持って九州硬式空手道連盟 会長を退任される甲斐会長、8年の間、ありがとうございました。

  • 私にとって、空手家として人間として、とても尊敬する方なので、心より「お疲れさま」と言わせていただきます。

  • これからも、宮崎県硬式空手道連盟のご意見番としてご指導ください。

  • 新しく会長に就任された「鹿児島県硬式空手道 拳心会」の川越会長、おめでとうございます。

  • 色々な意味で活発化している九州硬式空手道連盟の舵取りを宜しくお願いします。