仁武館の道場生が頑張りました。

高橋政吉くんの お母さんより
本来は空手なのですが、わんぱく相撲延岡予選で小学4年生の部で横綱(1位)になり、両国国技館で開催された全国大会へ出場する機会をいただきました。
いざ両国へ行ってみると、同じ4年生とは思えないほど、身長体格に違いがあり、改めて世の中には上には上がいるなと驚かされましたが、本人が1番びっくりしたことと思います。
何を隠そう!ここに来ている少年達は、将来横綱を目指してる少年達ばかりでした。そして当日は会場に着くと、子供達は親と離れてそれぞれそれぞれ指定された相撲部屋へ泊まり、次の日の開会式が終わるまでは、親には会えなかったのです。我が子には、どれをとっても貴重な経験で大変良い思い出となりました。取り組みはというと・・・・・残念ながら1回戦敗退という結果でしたが、放送で名前を呼ばれた時、「ハイッ」と返事をした声は、誰よりも大きく国技館に響き渡り、まさに横綱級でした。
この経験を生かし、空手でもひと花咲かせてほしい親心であります。

政吉くんの感想
家族みんなが応援してくれたのに、負けてしまってすごく悔しかったです。
そしてみんな大きくて少し怖かったです。
また、5年生でも挑戦したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です