2016年9月18日「8団体合同稽古交流会」

9月18日 8団体合同稽古交流会

  • 9月18日(土)鹿児島アリーナにて、防具付空手道と硬式空手道の8団体が一堂に会し、お互いの技を磨きました。同じ防具を付けての武道性を重んじる空手ではありますが、今まで交流する機会がありませんでした。今回、鹿児島県空手道連盟の川越会長の尽力でこのような素晴らしい交流会を開催することができました。

  • 開会挨拶の後、それぞれの流儀とルールの説明を行い、各道場の生徒たちの質問を受けました。

  • 楊心門の方々による演武を披露してもらいました。足技が華麗で動きが機敏でした。

  • 何人かの選手がそれぞれのルールで組手を行いました。

  • 九州硬式空手道連盟 甲斐会長の総評で終了しました。

  • 各団体の先生方、生徒さんたち、ご父兄の方々、ありがとうございました。
    これから新たな一歩になると確信しました。