2016年12月11日「第20回 全九州硬式空手道選手権大会」

12月11日 第20回 全九州硬式空手道選手権大会

  • 12月11日に福岡県春日市で開催されました。今年の最後を飾るにふさわしい内容の大会でした。

  • 九州硬式空手道連盟 甲斐会長 挨拶

  • 選手宣誓

  • 形の部から始まりました。

  • 組手の部

  • 表彰式

  • 閉会式

  • 九州硬式空手道連盟 名誉会長 尾前先生による、選手・ご父兄・関係者の方々へのねぎらいと感謝の言葉で締めくくられました。

    九州硬式空手道連盟 顧問 田中先生の閉会宣言で、大会を終了しました。

  • 今回の大会は、各県の大会で頑張った選手が集った大会でもあり、そして来年の全国大会に繋がる大会でもありました。

    日頃の稽古の成果がでていた選手、緊張で思うような動きができなかった選手、いろいろですが、今年一年の締めくくりの大会として、皆元気に戦ったと思います。

    空手道は、一生を通して修行する武道です。大会は、その過程の一つだと思っています。今日が思うようにいかなかったのであれば、そこの部分をよく考えて、来年の稽古の糧にしてもらいたいと思います。

    来年も自分の目標を決めて、気持ちを新たに頑張りましょう!

    宮崎県硬式空手道連盟 会長
    桃井 敏行

  • 【番外編】 前夜祭

  • 春日市で大会前日に前夜祭が行われました。

  • 大会前日なので、あまり飲みすぎないよう皆さん考えていますか?

    年に2~3回の懇親会なので、色々な話で盛り上がりました。たまにしか会えないのですが、空手道という共通の集まりなので、長年の友と話をするようで、とても楽しい時間です。来年も、皆元気でまた会いましょう。