2018年8月5日「第3回 正流拳体力別空手道大会」

2018年8月5日 第3回 正流拳体力別空手道大会

  • 8月5日、熊本県天草で行われた『正流拳大会』に参加させていただきました。

    この大会は団体戦が行われる大会ですので、全国大会で疲れが残っている選手もいましたが、チームでの戦いは必ず勉強になると思い参加しました。

  • 個人戦

  • 最初は個人戦からのスタートでした。

  • 3人制の団体戦・6年生

  • 佐竹 渉憲、近藤 朝光、中原 優芯のチームです。

    なお、大将の中原 優芯君は稽古の時、左足の指を骨折して、 個人戦には出ず、団体戦は副リーダーとしての責任感から出場しました。

  • 苦しい戦いでしたが、3人で力を合わせて見事優勝しました。

    後輩たちにも父兄の方々にも記憶に残る素晴らしい戦いを皆してくれました。

  • 3人制の団体戦・1年生

  • 1年生チームです。

    高橋 和眞、中原 慶芯、斎藤 志龍のチームです。

  • 惜しくも一回戦で敗れました。

  • 3人制の団体戦・4年生

  • 兒玉 偉鳳、佐竹 虹乃介、野元 一志のチーム。

  • 一番元気に戦ったチームでした。

    三回戦で敗退しましたが、この悔しさから学ぶことは大きいです。

  • 女子5人制の団体戦

  • 井上 愛心、池田 瑞樹、河野 楓、池田 千尋、大平 世蓮

  • はじめて試合に出た愛心、最後に決めた世蓮、皆一生懸命でした。

    全員でつかんだ準優勝です!

  • 男子5人制の団体戦

  • 3人制で優勝したチームの中で副リーダーの中原 優芯君が、左足の指だけでなく右手の指までヒビが入った為に、やむを得なく棄権となり、4人で戦う事になりました。

    藤中 将翔を中心に、高橋 和眞、藤中 悠翔、河野 有馬のチームです。

  • 一致団結して戦い抜いた準優勝でした。

    優芯の分まで皆が奮い立ったいい試合でした。

    このようなアクシデントがあり、それを乗り越えるところに団体戦の本質があると改めて感じました。

  • 全国大会の疲れが取れない者もいる中、お疲れさまでした。

    選手だけでなく、吉田佳奈コーチ、今村大地リーダーも影からのサポートお疲れさまでした。

    久しぶりの天草でしたが、今度ゆっくりと来たいものです!