2018年8月19日「第12回 ひむか空手道選手権大会」

2018年8月19日 第12回 ひむか空手道選手権大会

  • 2018年8月19日に『アリーナくにとみ』にて『第12回 ひむか空手道選手権大会』が開催されました。

    今回は異常気象などの影響で猛暑日が続いた為、熱中症対策などに今までないくらい細心の注意を払い、士学館の父兄の整形外科医の小田先生にも色々なアドバイスをいただきまして開催までに至りました。

    さらに今大会より『フルコンタクト空手 少年部』をも行う大会とし、広く空手道を理解していただこうというコンセプトの元、各団体先生方のご理解ご協力をいただき、この日を迎えることができました。

  • 形演武

  • 来賓挨拶

  • 士学館 高野道場長の開会宣言

  • 大会会長 桃井 敏行

  • 大会顧問県議会議員 野崎 幸士 様

  • 大会名誉顧問 甲斐 義明 先生

  • 九州硬式空手道連盟会長 川越 貞夫 先生

  • 皆様にご挨拶をいただきました。

  • その後、湯浅審判委員長、押川副委員長からのルール説明が行われました。

  • 中原選手の選手宣誓

  • 形試合

  • 組手・フルコンタクト部門

  • 硬式空手の部

  • 団体戦

  • 表彰式

  • 表彰式(団体戦)

  • 閉会式

  • 皆様のご協力のおかげで、事故もなく無事に終えることができました。

    次への大きなステップになりました。

    ありがとうございました。

  • 大会成績

  • 前夜祭

  • 福岡、大分、鹿児島など遠方からおいでいただいた先生方に、皆で一つのテーブルを囲んでいただき、親交を持っていただきたく前夜祭を開きました。

    フルコンタクト空手、硬式空手それぞれのスタイルで一生懸命、情熱を持ってやってこられた先生方なので、必ず楽しい時間が過ごせると思っていました。