2018年11月25日「第3回 空手道スポーツ大会」

2018年11月25日 第3回 空手道スポーツ大会

  • 宮崎市佐土原町久峰公園グランドで、宮崎県空手道振興会主催による「第3回 空手道スポーツ大会」が開催されました。

  • 宮崎県空手道振興会 赤崎理事長・桃井会長の挨拶のあと、全員での準備運動(お父さん、お母さんたちも一緒になっての)を行い、スタートしました

    私たち(大矢理事長・桃井会長・赤崎理事長)の日頃の行いが良かったようで、絶好のスポーツ日和となりました。

  • 50M・100M走

  • まずは、幼年の50M走から。

  • 親子で玉転がし

  • 50M~100M走、親子で玉転がし競争まで終了しました。

  • オリジナル障害物競争

  • 次は「空手道スポーツ大会」オリジナル障害物競争です。

    走る途中で、ミットに突き・蹴りをして、ラケットにボールを乗せて走ります。

    金井支部長が説明をしていましたが、その説明にご父兄が反応されています。

  • 玉入れ

  • 親子二人三脚リレー

  • 玉入れ・親子二人三脚リレーなど進んでいくうちに、赤崎先生がたまらずマイクを取り、パフォーマンスを始めました。

  • 団体なわとび

  • 白・赤、分かれての団体なわとびの後、昼食でした。

  • 昼食

  • 団体騎馬戦

  • 昼のスタートは団体騎馬戦から。

  • ムカデ競争

  • 綱引き

  • 団対抗リレー

  • 最後は団対抗のリレーです。

    最終ランナーに指導者の先生達。

  • 閉会式

  • このスポーツ大会の一番のコンセプトは、「親子で参加。そして、道場・団体が違っても、同じ空手道を学ぶ仲間として、赤・白に分かれて競い合う」という事です。

    この一日で友情が芽生え、明日からの稽古に良い刺激となる友ができるでしょう。

    お父さん・お母さんたちも一緒になって楽しんでもらい、進行や準備などにも参加していただき、本当にありがとうございました。

    この絆を大切にして、来年もこの大会で再会し、お互いに励まし合う関係ができる事、楽しみにしています。

    最後は正道会館の大矢先生の言葉で締めてもらいましたが、大矢先生が子供たちに「楽しかった人?」と聞いたら、全員が元気よく手を挙げてくれた事で、今日という日が報われました。

    関係していただいた皆様には、心より感謝申し上げます。

    ありがとうございました。