2019年9月8日「第6回 修道館 空手道選手権大会」

2019年9月8日 第6回 修道館 空手道選手権大会

  • 令和元年9月8日に四国の高知県で「第6回 全四国オープントーナメント葉山清流杯 修道館 空手道選手権大会」が開催されました。

    士学館からも7名の選手が出場しました。

    昨年は3名の選手を参加させて頂きましたが、今年は「出場したい」と申し出る選手が増えて、一般も含め7名の参加となりました。

    士学館では、この大会を「四国修行の旅」と言っています。

  • 笹岡館長 挨拶

  • 形試合

  • 組手試合

  • 表彰式

  • 今回の大会を終えて、結果に繋がらなかった選手もいましたが、いつものようにお父さん・お母さんがそばにいて皆に見守られての試合ではありません。

    知らない土地で、ルールも異なり、その中で自分達だけで戦い抜いたことは、何にも代えがたい経験になったと思います。

    勝った選手も負けた選手も、皆「また来年も来て戦いたい」との事でしたので、来た甲斐がありました。

    笹岡先生をはじめ、関係者の方々には本当にお世話になりました。

    ありがとうございました。

『四国の旅』編

  • ここからスタートでした。

  • 四国到着

  • 松山城へ出陣

  • 高知旅館到着後の稽古

  • 小雨が降っていました。

  • 旅館でのご馳走(修道館の先生達と)

  • 笹岡先生、ありがとうございました。

  • 出陣前のミーティング

  • 大会終了後、高知県の先生方と懇親会

  • 平井高知県会長 乾杯

  • 笹岡先生の挨拶

  • 旅立ち前の朝稽古

  • 試合も終わったので、今までマネージャー役に徹していた西指導員を中心に稽古しました
    (ぼくの事は構わないでください)本人談

  • 旅館最後の朝食

  • 誰とは言いませんが、毎朝3杯おかわりしていた女性がいました。

  • お世話になった松山旅館でした。

  • 最後の日に松山の私の友人・長岡君と会って、四国の地を後にしました。