2020年11月8日「第3回 宮崎県空手の日 演武会&第34回 宮崎スポーツ少年団 スポーツ大会」

2020年11月8日  第3回 宮崎県空手の日 演武会
           第34回 宮崎スポーツ少年団 スポーツ大会

  • 10月25日が沖縄県で「空手の日」と2005年に沖縄県教会で制定されて、今年で15周年の節目になる年です。

    その起こりは、1936年(昭和11年)10月25日に空手の大家である花城長茂、城間真繁
    、宮城長順、喜屋武朝徳、本部朝基、知花朝信、許田重発、空手家の仲宗根源和などが集まり、唐手(カラテ・トーディー)や手(ティー)と言われていた名称を、参加者が一致して現在の「空手」として決め宣伝したと言われています。

    この日が10月25日だったので、10月25日を空手の日と制定されました。

    宮崎での空手道の発展に少しでも尽力すべく、四年前に「宮崎県空手道振興会」を発足して、空手道普及の活動を行っております。

    この「宮崎県 空手の日 演武会」「スポーツ大会」もその活動の一端です。

    宮崎ならではの「空手の日 演武会」ができればと、たくさんの方々のご協力を得て行なっています。

  • 宮崎県空手道振興会 赤崎理事長挨拶

  • 宮崎県空手道振興会 桃井会長挨拶

  • ご来賓

  • 衆議院議員 武井俊輔氏、名代・清水寛幸氏の挨拶

  • 宮崎市教育委員会 西田教育長

  • 宮崎県県議会議員 野崎 幸士氏

  • 宮崎県議会議員 日高 陽一氏

  • 宮崎県空手道振興会にご協力いただいている方々から、ご挨拶をいただきました

  • 正道会館 伊地知指導員による全員での準備運動

  • 宮崎県空手道振興会 副会長 正道会館 宮崎県 大矢支部長の掛け声でスタートしました。

  • 約束組手

  • 硬式空手 組手

  • 士学館 護身術

  • 正道会館

  • 恵誠会(延岡市)

  • 叢林塾

  • 古武道 演武(恵誠会 柳田会長)

スポーツ大会

  • 演舞会場から隣のグランドにみんなで移動です!

  • 幼年の50M走からスタートです!

  • 空手+障害物競走

  • 障害が3ヵ所あります。

    その1.はしごくぐり

    その2.キックミット打ち

    その3.タイヤ引きずり

    の3つです。

    俊敏性・持久力・足腰の強化になります。

  • 低学年 玉入れ競争

  • 二人三脚競争

  • 昼食タイム

  • ムカデ競争

  • 綱引き

  • 団技 ハチマキ取り

  • 最後はリレーで締めくくりました。

  • 白団優勝

  • 最後に大会相談役であり、士学館顧問の宮崎市市議会議員 前田ひろゆき氏に総評を頂き、終了しました。

    前田氏から、「来年は道場の代表の人たちの競争が見たい」とリクエストをもらいました。

    今年は特別な年ですが、今大会も開催にあたって悩みましたし、たくさんの方々のご助言も頂きました。

    おかげで無事に終えることができましたが、終わってから色々な道場の子どもたちから「楽しかった!」「またやりたい!」との言葉が聞けて、「やって良かった」と本当に思いました。

    たくさんの方々のご協力あってこその大会でしたが、来年もより元気に空手道の普及も込めてやろうと、心に誓いました。

    皆さんありがとうございました!

  • 番外編

  • 同じ公園内で、金魚の展示会のような催しが行われていました。

    品評会だと思いますが、自分の金魚を持ってきて優秀な金魚を表彰していました。

    私は金魚に詳しくはありませんが、夜店で売っている金魚とは全然違っていて、風格があり、値段も高そうでした。